借家の法律

賃貸マンションや一軒家を管理しているオーナーとしては、最低限の借家にまつわる法律を覚えておきたいところ。
中には、借地借家法を勉強している方が多いかと思います。
多くの方はすべてを理解できていません。
中途半端に知識を持っているので、借主、貸主間でトラブルが起こってしまう可能性があるのです。

立ち退きをしてもらうときなど、借地借家法を理解していればより有利に話を進めていくことができます。
オーナーとして、最低限は覚えておきたいものです。
では、借地借家法とはどのようなものなのでしょうか。
建物と土地について定められているのが、賃貸借契約です。

賃貸人と比較をすると、立場が弱くて経済的にも不利になります。
借家人を保護するために作られたのが借地借家法なのです。
この法律を理解しておくと、オーナーは法律内で、立ち退き交渉をするために仲介人をたてずにすみます。
また、基本的には「貸主」を保護、サポートしてくれる法律なので、より有利な交渉を行うことができるでしょう。

専門家である弁護士は借地借家法を理解しています。
しかし、弁護士が表だって騒ぎ立ててほしくないという場合は、借家主が理解しておいた方が無難です。
全く話が進まないケースは、専門の弁護士に立ち会ってもらい円滑に交渉を進めましょう。
当サイトでは、もう少し借家にまつわる法律をご紹介します。
賃貸マンションのオーナーや一軒家を貸している方は、しっかり勉強して下さい。



■特別外部リンク
借地権や借地借家法について何でも質問できるサイトです・・・借地権

Copyright © 2014 借家にまつわる法律 All Rights Reserved.